変身・コラム

ここでは、「変身・コラム」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンドで音楽活動なんぞもやっています。

最近、それが「コスプレバンド化」してきました。


コスプレといっても、まあ、ステージ衣装レベルのコスプレです。


当初、メンバーは、

「そんなカッコするのいやだ!」と言っていました。

最近では

「次、どんなカッコしようかな」

と、密かに競争して楽しむまでになりました。


もちろん

「そのカッコでは絶対に電車に乗れない」

というカッコであります。


なにごとも慣れは大切ですな。

んで、どんどんエスカレートしてゆく…
スポンサーサイト
うろ覚えで恐縮ですが、写真家の篠山紀信さんのお話です。

篠山紀信さんは女優などのヌード写真で超有名ですが
1997年、アトランタオリンピックに撮影に行きました。

「間近で見る選手の表情はとにかくすごい。予選を勝ち抜いて舞台に立ち、さらにそこで頂点を目指す。それはもう人間の極限状態だ。それが一番よくわかるのは100m。わずかな時間の中で、選手達の表情はめまぐるしく変わっていく。それはテレビでは絶対にわからない。写真だけが、その一瞬の表情をとらえることが出来る」

というようなお話をしていました。

で、世界陸上の番組の中で織田雄二がそのお話をまたしていて、望遠レンズ越しに見えるスタート直前の100m走の競技者たちは、みんな異様なことをしているのがわかるんだそうです。

ある者は自分の体をぱしぱし叩き続ける。
ある者は虚空を凝視し、ぶつぶつと何かをつぶやく。
ある者は吼える。
ある者は体を小刻みに動かし続ける。

その者たちは「人でないものに生まれ変わろう」としているようだった、という台詞が強く私の頭に残っています。

人のままでいては強力なライバルに勝てない。
人のままでいては自分にすら勝てない。
自分は脱皮しなくてはならない。
人でないものに生まれ変わらなくてはならない。

100m走のスタート地点はそんな「変身の場」なのだそうです。

そのスタート地点、私にもあなたにも
ある、んだと思います。

変身する…といえば、仮面ライダー、デビルマン、ウルトラマンとか。


鉄腕アトムなんかと違い、
彼らは、最初、生身で戦います。

仮面ライダー1号で言えば、
キイキイ言いながら襲ってくるショッカーの兵隊どもとの戦いは
生身の本郷猛でぜんぜん平気です。
でも、ボスキャラが登場し、生身のままでは分が悪いとき
本郷猛は仮面ライダーに変身します。
ときに、兵隊の数があまりに多すぎるときにも
変身していたかもしれません。


変身が必要なのは
「より強い敵に立ち向かうとき」
のようです。


「変身したい」と思っているあなた。
立ち向かおうとしている相手は
きっと強敵なんですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。