英語ペラペラに・変身!

ここでは、「英語ペラペラに・変身!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者だから特別アタマがいいわけではない、と思っています。でも、医者という仕事は、ほかの職業に比べて膨大な量の勉強が要求されます。その勉強量をこなすには、才能や根性だけでなく、「効率よく効果をあげる勉強の技術」が不可欠です。
さて、英語がまったくしゃべれない医師がいました。彼がある日、英語をマスターする決心をします。巷にあるさまざまな方法でなかなか結果がでません。そこで研究熱心なその医師は、バイリンガル実験、医学トピック、脳科学、心理学、さらには哲学書まで手をつけました。そして気がついたのです。
「なるほど、英語ができるって、そういうことね」
そこで独自の仮説に基づいた学習法を編み出して独習。TOEICで920点をとるまでの英語ペラペラ人間になってしまったのです。それも医師としての忙しい勉強や勤務をこなしながらです。
偉いなぁ。
その医師のさらに偉いことは、その学習法を公開してくれたことでしょうか。
こつは「ある時期には●●の勉強法は絶対しない」「ある時期には●●を徹底的にやる」などですが、理由を知ると、まさに「目からうろこ」ものの学習法。今ならリスニング教材や30日間メール相談サービスもついています。


 「TOEIC(R)で920点を取った医師の英語勉強法」

スポンサーサイト

開発者がさまざまな英語学習に疲れ果て、英語の後に日本語訳を入れたテープを自分で作り、それを聞き流し続けたら、ある日、英語が「あふれる」ように出てきた…。今や「聞き流し英語学習」の定番にもなったスピードラーニングは、そんなエピソードとともに生まれました。
新聞や雑誌でもさかんに広告しているので、おそらく必ずどこかで目にしたことがあるはずです。私の記憶では、この手の教材としては「イングリッシュアドベンチャー」の次くらいの歴史があるはずです。
使い方は、通勤電車の中など、聞き続けるだけ。開発者によれば「3ヵ月で話せるようになるとは決して申しません。まずは、勉強意識を捨てて、英語を音としてとらえることからぜひ始めてください。1年後、英語が口から出てくるという感動体験があなたを待っています」とのこと。 今まで何をやっても上達しなかった人、英語は必要だけど学ぶ時間のない人、もっと楽に英語を身につけたい人、そんな方におススメです。 


 
ライフスタイルは変えずに、ただ「聞き流す」だけ
これが確実に英語が身につく方法!

「お金と英語の非常識な関係」という神田昌典氏の本で、
ビジネス英語を習得する手っ取り早い方法は
「上手い英語、正しい文法、気の利いた会話を捨てることだ」
と書いてありました。英語コンプレックス解消法
社長さんが言う
「上手い英語はいらない。強い英語があればいい」
というのも、それに通じる気がします。

英語での口げんかに勝つには、格好や文法より
大切なものがありそうです。

実際、美しい発音やシャレたセリフ使いは、
子供のころの環境や英語文化での体験がなければ無理だと思います。
つまり、歳をとってから「速攻」で実践(実戦)英語を習得したい
人には、こういう考え方の学習のほうがお薦めです。

英語コンプレックス解消法のウエブでは次のような声が寄せられていました。

■長年いろいろな教材を使って英語を勉強してきましたが、いつまでたっても英語コンプレックスから抜け出せないままでした。英語を話すとき、自分の発音が悪くて通じないのではないか、間違って笑われるのではないか、と心配になってしまうのです。その後、この英語コンプレックス解消法を拝読拝聴拝見、納得しました。実際コミュニケーションを行うとき言語以外の情報のほうが、相手に与える影響が大きいことを知りました。自分がこれまで長年持っていた英語コンプレックスを打破するためには、英語コンプレックス解消法にあることを実行するのが一番であると確信しました。多分私は今までどんな状況で英語を話すときも、不安そうな表情だったのだと思います。そのため相手から軽く扱われたり、見下されたのでしょう。まず自分はここから直していこうと思います。目の前にある雨雲が突然晴れた爽快な気分です。この英語コンプレックス解消法に出会えたことに感謝します。どうもありがとうございました。⇒英語コンプレックス解消法


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。