FC2ブログ

体罰が原因で自殺…なんて痛ましい

ここでは、「体罰が原因で自殺…なんて痛ましい」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小5の自殺、担任の体罰が原因…福岡地裁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091001-00000612-yom-soci

2006年3月に北九州市立青葉小5年の永井匠君(当時11歳)が

自殺したのは担任の女性教諭(54)(依願退職)の体罰が

原因として、両親が市に約8100万円の損害賠償を

求めた訴訟の判決が1日、福岡地裁小倉支部であったそうです。

岡田健裁判長は体罰と自殺の因果関係を認めたが、

「自殺は衝動的な行動に陥りやすかった

匠君の心因的要因も相当程度ある」として、

880万円の支払いを命じたとか。

一ケタ少ないですね。

訴状によると、元教諭は06年3月16日、

永井君が丸めた新聞紙を振り回して同じクラスの女児に当てたとして、

教室で「謝りなさい」とどなって、いすに座っていた

永井君の胸ぐらをつかんで持ち上げ、そのまま床に押し倒し、

永井君は教室を飛び出し帰宅し、直後に自宅で首をつったとのこと。

わたしが裁判長だったら、因果関係はなしとするかも・・・。

自殺してしまった生徒にしてみればショックなできごとだったのは

分かりますが、これを体罰というのはいささか大げさな気がします。

ただ、自殺も究極の自己主張であることを考えれば、

あきらかに生徒は先生への抗議を死をもって伝えたかったのでしょう。

いずれにせよ痛ましいです。

アイレーシック(iLASIK)近視クリニック情報トップ

アイレーシック 口コミ

アイレーシックの料金

アイレーシックと老眼

アイレーシック体験談

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。