FC2ブログ

Wikipediaの引用について

ここでは、「Wikipediaの引用について」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
()は、ネット上の無料です。
重たい百科事典を開かずにすむし
その内容を「テキストデータ」として簡単にできるし
なんといっても、無料!

本当に便利です。

当然、引用は「正しい引用方法」に則り
出典を明示するのが礼儀ですが、最近、新聞のコラムや論説などで
その出典を示さない引用(これは盗用ですな)がみつかり
問題になっています。

最初、問題になったのは静岡新聞だったと思いますが
その後、他の新聞社でも同様も事件が発覚。
で、ウィキペディア (Wikipedia)の引用自体も「ダメ」という
新聞社まであらわれてしまったみたい。

えっ、なんで「引用」自体もだめなの?

新聞社には時々著作権法に鈍い方がいるのも事実。

たとえば歌詞の引用。
著作権法で認められた「正しい引用」をしているのに
ジャスラックから勝手に請求される利用料にビビり
「いいから、あそことは問題起こすな」
とその引用部分の削除を記者に命じるデスクの話とか
まあ、その手のエピソードは時々みかけますしね。


もともと、ウィキペディア (Wikipedia)自体、。
誰もが執筆、編集できるネット上の「無料百科事典」です。
専門家でない人も編集に参加できるわけなので、
内容の正確さについて不安な項目があるのも
一種「自明」なことがらなはず。

そのことをわかったうえで
書くほうも読むほうも「引用」にあたればいいのではと思いますが…


人気ブログランキング




   

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensin.blog45.fc2.com/tb.php/87-973497d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。